パートやアルバイトでもお金を借りられるの?

パート・アルバイト

パート・アルバイト

今、パートやアルバイトをしている人で、消費者金融や銀行カードローンで本当にお金を借りられるのか心配している人はいらっしゃるっと思います。実際に断られたりしないんでしょうか?

結論をお話すると、、、
もちろん大丈夫!パートやアルバイトでもお金を借りる事ができます。

パートやアルバイトだとなんとなく借りれないと勘違いしている人も多いと聞きます。
でも即日でも借りられますから、まずは誤解しないようにしましょう。

\即日融資や即日審査も大丈夫/
パートやアルバイトでも今すぐ借りれるカードローンは

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
アコムの公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

アイフルの公式サイトへ
アイフルの公式サイトへ

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ

オリックス銀行カードローン

◎オリックス銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
運営会社 オリックス銀行株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

消費者金融でお金を借りる際の審査のポイント

カードローンや消費者金融でお金を借りる際には審査にポイントがあります。
確かに正社員のほうが借りやすいのは事実です。でもそれにはしっかりとした理由があるんですね。

審査担当者が、審査で一番重視していることは、「返済能力」「信用力」です。
要するに、安定した収入があって、返済が過去に滞ったことが無いなどがポイントになるわけですね。

更にいうと、こういった点で信用力に差がつくことがあります。
  • 一つの職場で長く努めている
  • 1年以上継続して同じ会社に所属している
  • 仕事を初めて間もない人は審査が厳しい
  • 連絡先に固定電話がある

などですね。ただ、一番大きいのは安定して収入があるという点です。
やはり勤務実績がしっかりとあって、長く勤めていればパートやアルバイトでもお金を借りることができます。
たくさん稼いでいなくても、安定して毎月収入があれば、それだけで大きなポイントになりますよ。

パートやアルバイトで借りられる金額ってどれくらいまで?

カードローンなどでお金を借りる際に気になる点の一つで、どれくらい借りられるの?ていうのがあります。
果たしていくらくらいなら貸してもらえるんでしょうか?

もちろんパートやアルバイトの方でも、勤続年数などに差がありますので、一概には言えません。
ただ、多くの場合で当てはまるのが、だいたい10万~30万円が相場になっています。

中には50万通したっていう強者もいますが、基本的にはこれくらいが限界ですね。
収入証明書なしで借りられるMAXまでというのはちょっとむずかしいでしょう。

それにパート・アルバイトの方には総量規制というのも注意が必要ですね。

総量規制ってどんな制度なの?

消費者金融でお金を借りる際には、総量規制という仕組みが当てはまります。

これは簡単に言うと、収入(年収)の1/3以上は借りれないという仕組みです。
貸金業法では、業者による過剰貸付を防止する目的で、年収の3分の1を超える融資は、原則として禁止されています。

パートやアルバイトの方はどうしてもこれに引っかかることが多いんです。

銀行のカードローンであれば総量規制にはかからない

ただ、銀行のカードローンは年収の1/3という規制には引っかかりません。
つまりそれ以上の借り入れができるってことですね。でもいいことばかりではないんです。

正直言って、審査はかなり渋いですし、総量規制以上の金額が通ることは難しいでしょう。
消費者金融系のほうが、圧倒的に審査に通りやすいと思います。さらに即日融資という点からも、消費者金融がいいでしょうね。

大手の消費者金融のカードローンは、ほとんどが即日審査で即日融資に対応してくれます。
銀行系の審査はだいたい1週間は見ておいたほうがいいです。
それでも早くなりましたけどね。でもやっぱりできるだけ早く借りたい人は難しいでしょうね。

ただその分、金利はかなり安いです。そこは大きなメリットと言えるでしょう。

ちなみにこういった場合は収入証明書が必要となります。



・借り入れの希望額が50万円以上
・消費者金融からの借り入れ残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書ですが、こういったものを指します。

⇒収入証明書の種類は、源泉徴収票や給与明細書、住民税課税(非課税)証明書、所得証明書、個人事業主は確定申告書

最初はできれば低額の借り入れにして、こういった面倒な部分は避けて借りたいものです。

パート・アルバイトの借り入れで在籍確認ってあるんですか?

基本的なカードローンでは在籍確認が行われます。これは通常のカードローンでは、殆どの場合あるものです。
カードローンの申込時に入力した「お勤め先の情報(名称や住所、電話番号など)」が本当に正しいかどうかのチェックのためですから。

在籍確認の際によく質問をいただくのですが、例えば事務所にいないといけないの?って言うことですね。
その電話の際に実際にいなくても大丈夫です。ただ、電話に出た人に、『今は外出しています』とか『席を外しています』って伝えてもらうことが必要です。

要するに、その会社に所属しているかどうかが肝心ですから。
会社の人にはクレジットカードを作ったから電話があるかもと伝えておきましょう。

ただ、最近では、WEB完結で在籍確認なしでも借りられるカードローンも出てきました。
健康保険証、給与明細などをスマホで撮影して送ればOKというところがあります。

ただその分50万円以下しか借りれないのは確定になります。少額であればという条件付きってことですね。

ちなみに銀行系カードローンでは、すべての会社において在籍確認が行われます。

消費者金融の借り入れと銀行系カードローンの違い

消費者金融のメリットには
  • 即日融資が見込みやすい
  • 審査も非常に早い
  • 銀行よりも借り入れのハードルが低い
などが考えられます。

一方、消費者金融のデメリットとしては
  • 年収の1/3までしか借りられない(総量規制)
  • 金利が銀行系カードローンよりも高め
があります。

これに対して
銀行のカードローンのメリットは
  • 100万円以上の融資を得ることができる
  • 金利が低いローンを選択できる
などがあります。

デメリットとしては
  • 審査のハードルが高く通りにくい
  • 融資までに1週間くらいかかって遅い
などがあります。

現状としては、パート・アルバイトの方がお金を借りたい場合、やはり消費者金融系のカードローンを利用することをおすすめします。
即日で審査や融資を行ってくれますし、何よりも借り入れで審査を通すのが一番ですから。

どうしても銀行系のカードローンは正社員じゃないと難しい点が多いです。これは属性の差ですから仕方ないこと。
であれば、確実に借りられる金額を消費者金融系のカードローンで借りるのが一番早くて確実です。

特に大手のカードローンであれば、30日間利息無料などのサービスもありますので、そちらを利用してみてください。