みずほ銀行 カードローン



みずほ銀行カードローン

◎みずほ銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~14.0%
限度額 1000万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社みずほ銀行

プロミスの公式サイトへ

みずほ銀行カードローンの概要

みずほ銀行は、全国でも有名な大手の銀行の一つですね。こちらでもカードローンが取り扱われており、みずほ銀行カードローンと呼ばれています。
みずほ銀行カードローンの特徴としては、収入証明書が必要になるのが借入希望金額が200万円を超えてからとなっていることですね。
消費者金融だと賃金業法に則って、50万円以上から確実に必要になりますが、みずほ銀行の場合はその4倍以上からとなっているので、収入証明書を用意する手間が省けますね。

銀行カードローンの金利はかなり低い事で知られていますが、みずほ銀行の場合の金利は最大でも14%となっています。消費者金融は平均で最大18%ですから、4%もお得になっています。もちろん、高額の借入をすればするほどに金利は下がりますので、高額融資を受ける際には明らかにみずほ銀行がお得だと言えますね。

また、みずほ銀行は銀行カードローンとしては珍しくWEB完結の申し込みを用意しており、ATM手数料も無料となっているので、かなりお得に利用することができますよ。

200万円までは収入証明書が必要ない!

先述の通り、みずほ銀行カードローンでは、収入証明書は200万円までは必要ではありません。こちらは銀行カードローンならではのもので、消費者金融だと50万円以上になれば必ず収入証明書が必要になってしまいます。

なお、収入証明書として仕えるものは源泉徴収書や給与明細、個人営業主であれば確定申告書の控えなどになります。なお、個人営業主の場合には収入証明書が必ず必要になりますので、そちらはご了承ください。

それ以外に必要になる書類は、本人確認書類です。つまり200万円以下の借入であれば、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類のみで大丈夫になります。

これだけ書類が少ないので、書類を準備する手間もほとんどなく、高額融資を受けることができるのは、みずほ銀行カードローンの大きな特徴であり、メリットでもあると言えるでしょう。

ローンの金利は最大14%と非常にお得

みずほ銀行カードローンのプランは二種類あります。コンフォートプランとエグゼクティブプランの二種類になります。
基本的に私たちが利用可能なのはコンフォートプランです。通常のプランのようなものと思っておきましょう。こちらでも、カードローンの金利は最大で14%とかなりの少額になっています。

消費者金融の場合に50万円借り入れをしたときと、同額をみずほ銀行のコンフォートプランで発生する金利を比較すると、約2000円も値段に差が発生します。消費者金融が最大18%となっていると考えられますので、たった4%の違いでここまで大きな利息の違いとなります。
ですので、長期的にお金を借りるのであれば、消費者金融で借入をするよりも、みずほ銀行カードローンで借入をした方がはるかにお得だと言えますね。

さらに、もう一方のエグゼクティブプランの方は、最大金利が7%とコンフォートプランの半額で借入をすることが可能になっています。
こちらは超高額融資を受けるとき専用になっていますが、このようなプランもありますので、もしも高額融資を受ける際には候補として考えておくといいと思います。

WEB完結で申し込みOK!ATM手数料も無料でお得

みずほ銀行は、銀行カードローンでは珍しく、WEB完結の制度を採用しています。こちらを利用すれば、来店をすることなくお金を借りることもできますし、審査時間もかなり短く、即日融資も不可能ではありません。

しかし、WEB完結を申し込むための条件として、みずほ銀行の銀行口座を持っていることが条件となってしまっています。ですので、みずほ銀行の銀行口座を持っていないと、審査を受けることですらできませんので、注意が必要です。

それでも、みずほ銀行の口座を持っていることは、WEB完結ができる以上に大きなメリットがあります。
まずは口座があるために審査を受ける際の書類が不要になることです。200万円以上の借入時に必要な収入証明書は別ですが、本人確認書類などが不要になるので、非常に便利です。

さらに、口座を持っていることで、借入や引き出し、返済も全て手数料なしで、行うことができるので、こちらも非常に便利だと言えるでしょう。手間がかからないという点でも、お姉遭掛からないと言う点でもメリットは大きいので、銀行口座を作ってから申し込みをしてもいいかもしれませんね。

総量規制対象外で年収の1/3を超えても借りられる

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンですので、総量規制の対象外となっています。
消費者金融などの貸金業者から借り入れをする際には、総量規制の対象となってしまって、年収の3分の1以上の借入はできませんが、みずほ銀行の場合はそれがありませんので、自身の年収以上のお金を借りることが出来ます。

ただし、総量規制の対象にはならなく、利息も消費者金融よりは低いものの、審査時間が長くなることもあるという特徴もあります。
最近では即日融資も難しくなくなってはきていますが、確実ではありませんので、とにかく早く借入をしたい場合には消費者金融の方がいいかもしれません。
ですが、総量規制以上にお金を借りたく、金利も少なくしたいのであれば、みずほ銀行カードローンの利用を検討してみてもいいでしょう。

みずほ銀行カードローン

◎みずほ銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~14.0%
限度額 1000万円
審査時間 最短即日
運営会社 株式会社みずほ銀行

プロミスの公式サイトへ